作品の値段=あなたの作品の価値です。

技術

『仕事』という、意識が低いと
数百円、数千円になるのだと思います。

自立を意識している人だけが
ハンドメイドを「仕事」に
できるのだと思いますよ。

ブログに
こんな感想をいただきました。
ありがとうございます。

 

感想をいただいたブログはこちら▼▼

ハンドメイドを仕事にするなら
【販売】と【講座】どっちがいいの?

http://handmade-mom.com/?p=1674

 

 

この方の仰る通り
【『仕事』という、意識が低い】
価格にもそれが現れてしまいます。

 

 

ではなぜ【仕事という意識】
低くなってしまうのでしょうか?

 

sewing-955333_640.jpg

 

 

ハンドメイドが好きな人はまず
趣味としてやっている人が多いです。

 

 

ハンドメイドを楽しむことは
とってもいいこと。

 

 

だけど
ハンドメイドを仕事にしたいと
思った時に【趣味感覚】
大きな障害となります。

 

 

*まだ趣味レベルだから
コレくらいの値段でいいかな

 

*あの人はコレくらいの値段だから
自分はもっと安くいいかな

 

高くしたら売れないから
安く値段を付けておこう

 

【仕事という意識】のない人は
こういう値段の付け方をします。

 

 

たとえ少ない金額でも
お金をいただいたら
それは立派なお仕事です。

 

 

お仕事だったら
ちゃんと考えて値段を付けなければ
いけません。

 

 

作品の値段=あなたの作品の価値です。

 

 

あなたの作品は
そんな値段ほどの価値しか
ないんですか?

 

 

そんなことありませんよね?

 

 

ハンドメイドを
仕事にしたいと思っているのなら
ちゃんと自分の価値
自分で認めてあげてください。

 

 

その作品の値段が
材料費だけってことは無いですよね?

 

 

ちゃんと
・技術料
・デザイン試作時間給
・デザイン試作代金
・作業時間給
・材料費の買い出し時間給
・買い出し交通費

 

など目には見えにくい費用
ちゃんと計算して
作品の値段を決めてください。

 

値段が高いと売れないというのは
ウソです。

 

しっかりとした価格設定で売れている
ハンドメイド作家はたくさんいます。

 

ハンドメイドを仕事にしたいのなら
まずは自分の作品の価値を
自分が信じてあげる所から
はじめてください。

 

いち早く情報を受け取りたい方は
メルマガ登録をオススメします。

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。