ハンドメイド起業はなぜ不安なんでしょうか?

先が見えない

それは正体がわからないから

 

 

ハンドメイドを仕事にしたいけど
不安でしょうがない人に向けて
書いています。

 

 

【ハンドメイドでお仕事】

【ハンドメイド起業】

 

このどちらの言葉も
響きはとてもやわらかいです。

 

*なんか自分にもできるかも

*なんか簡単そう

 

ってイメージを
持ちやすいと思います。

 

 

では、あなたは
すぐにハンドメイドを
お仕事にするために
起業する活動を開始しますか?

 

 

きっとしないと思います。

 

 

それは
【ハンドメイド起業】の実態が
よくわからないから。

 

 

よくわからないものに
人はすぐには飛び込まない
習性があります。

 

 

だって怖いもの。

 

 

【ハンドメイド】だって
いろんなものがあるし
【起業】のノウハウも
たくさんあります。

 

 

けれどそんなことよりも
一番気になるのは
【ハンドメイド起業で
実績を上げている人がわからない】
ということじゃないでしょうか。

 

 

【ハンドメイド起業】して
うまくいかなかった人の話は
よく聞きませんか?

 

 

*作品を作って販売したけれど
思ったほど売れなかった。

 

*ハンドメイド講座を開いたけど
全然人が集まらなかった。

 

 

ついよくない話のほうが
目についてしまいます。

 

 

こういう人たちはなんで
うまくいかなかったかというと
ビジネスとしてハンドメイドを
捉えていなかったからだと思います。

 

 

では【ハンドメイド】を
ちょっと横に置いておいて
【起業】ということだけに
焦点を当ててみましょう。

 

 

きっと
「この事業はビジネスとして
やっていけるのだろうか?」
とリサーチするところから
始まるはずです。

 

 

*このビジネスのライバルは?

*このビジネスのターゲットは誰?

*このビジネスをどう展開していこう?

 

 

普通はこういうことを
リサーチしてから
【起業】という選択を
するんじゃないでしょうか。

 

 

【ハンドメイド起業】に限って言えば
この部分が
ごっそり抜けてしまっています。

 

 

だから
うまくいかない人が多くて
【ハンドメイドは仕事にならない】
という変な常識が
生まれてしまうのです。

 

 

これは
【ハンドメイド】という
言葉の持つイメージも
【起業】を考えた場合は
悪く作用していると思います。

 

 

*人の手で作られている

*ぬくもりがある

 

 

やわらかいふわっとしたイメージ
【ハンドメイド】にはあると思います。

 

 

このやわらかいイメージの
【ハンドメイド】と
戦略などを考えないといけない
【起業】のイメージが
噛み合わないのです。

 

 

どうしても
【ハンドメイド】のイメージに
引きづられてしまいます。

 

 

だから簡単に
【ハンドメイド起業】して
ビジネスとしての考えが
アタマにないから
うまくいかなくて挫折する。

 

そして【ハンドメイド起業】を
辞めてしまうのです。

 

 

だから【ハンドメイド起業】を
しようと試みる人は多いのに
【ハンドメイド起業】で
実績を上げている人が
少ないんです。

 

 

コレでは不安になりますよね。

 

 

【ハンドメイド起業】
したいとおもったら
コレは【ビジネス】なんだと
まずは認識してください。

 

 

いち早く情報を受け取りたい方は
メルマガ登録をおすすめします。

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。