エブリデイハンドメイドの落とし穴【ハンドメイド大喜利・え】

エブリデイ

ハンドメイド大喜利・え

【エブリデイハンドメイドの落とし穴 】

 

初めてハンドメイドを
した時のことを思い出して下さい。

 

 

きっと楽しくて楽しくて
しょうがなかったんじゃないでしょうか。

 

 

何かを作ろうかなと考えている時
材料を書いにいく時
作品を作っている時
どの時間も楽しいものだと思います。

 

 

楽しいだけのハンドメイドが
ずっと続けばいいのに。

 

 

大好きだったハンドメイドが
楽しくなくなってしまうことが
あるなんて考えたことありますか?

 

 

それは【作品を作らなきゃ】って
思い始めた時にやってきます。

 

 

最初は趣味で始めたハンドメイドを
仕事にしたいと思うと
一番最初に考えるのは
イベントなどに出店すること。

 

 

自分でお店を構えるわけではないし
1日か2日くらいのイベントに出て
作品を販売できるので
わりと気軽に参加できます。

 

 

イベントにどんな作品をだそうかな

そんなディスプレイにしようかな

たくさん売れちゃったらどうしよう

なんて考えているうちは
とっても楽しいんです。

 

 

ハンドメイドを仕事にする
第一歩として
イベント出店に申し込みます。

 

 

そしてイベントに向けて
作品を作り始めます。

 

 

イベントに出店するのに
少ない作品だけ持っていくのは
もったいないと思って
たくさん作品を作ろうと思います。

 

 

材料もたくさん買ってきて
後は作品を作るだけ
その日から作品作りは
毎日続きます。

 

 

最初の10コくらいまでは
楽しく作っていけるかな。

 

 

毎日、毎日同じような作品作り
だんだん飽きてくるのが人間です。

 

 

楽しかったはずのハンドメイドが
ここから変わってきます。

 

 

「作品作らなきゃ」
「イベントに間に合わない」
だんだん焦ってきます。

 

 

焦ったって
毎日作品作りばかり
やっているわけにもいきません。

 

 

日々の生活もあります。

 

 

そうすると
だんだん睡眠時間を削りはじめます。

 

 

毎日睡眠不足で作品を作っていく内に
「なんでこんなことまでして
作品作ってるんだろう」って
考えるようになります。

 

 

ここまでくると
イベント出店を決めた自分を
呪いはじめます。

 

 

【イベントなんて
申し込むんじゃなかった】

 

 

楽しかったはずのハンドメイド。
なんで自分を呪うところまで
きちゃったと思いますか?

 

 

それは最初にハンドメイドを
仕事としてちゃんと
捉えていなかったから。

 

 

趣味の延長で
はじめてしまったがために
こんな嫌な思いをすることに
なってしまったんです。

 

 

仕事として
ハンドメイドイベントに
出店することを捉えていたら
もっと計画的に考えるはずです。

 

 

仕事って闇雲にやらないですよね。

 

 

まず
ハンドメイドイベント当日を
納期と考えます。

 

 

それから
作品制作の時間はどれくらい
取れるのか
だったら毎日
どれくらいの作品が作れるのか
そうすると作品の全体数はこれくらいだな
だから材料はこれくらい買ってこよう。

 

 

全て逆算して考えます。

 

 

イベントに出るには
作品を作るだけじゃ出れないので
他のことをする時間も
ちゃんと考えます。

 

 

そうやって
計画を立ててからはじめないと
睡眠時間を削って
辛いことになっていきます。

 

 

楽しいハンドメイド
毎日作品が作れたら
どんなに楽しいだろう
だからハンドメイドを仕事にしよう。
最初の動機は
これでもいいかもしれません。

 

 

だけど仕事として続けていくのなら
ちゃんと計画を立てないと
「ハンドメイドなんて楽しくない」
という落とし穴にはまってしまいますよ。

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。