ハンドメイド作家の開業届のすすめ


ちゃんとお仕事にしたい人は
開業届を出した方がいいです。

 

 

=================
ハンドメイド作家の開業届のすすめ
=================

 

開業届って聞くとなんだか難しい。

 

 

開業届を出すと確定申告もしなくちゃ
いけないんでしょ。

 

 

なんて難しいイメージがありますが
ちゃんとハンドメイドを
お仕事にしたい人は
開業届を出すことをオススメします。

 

 

それは【ハンドメイドを仕事にするぞ】
という覚悟が決まるからです。

 

 

開業届を出すということは
個人事業主として責任を持って
活動していくということ。

 

 

趣味のハンドメイドから
意識的に卒業することができます。

 

 

どうしてもハンドメイドって
趣味の域を超えにくいのです。

 

 

それはスタートが
趣味から始まっている人が多いから。

 

 

仕事にしよと活動をはじめても
最初はなかなか上手くいきません。

 

 

上手くいかないと
自分ではなく他の何かのせいに
してしまいがちです。

 

 

そうすると簡単に
仕事に出来ると思っていたのに
だんだん辛くなっていって
諦めてしまうのです。

 

 

もし、開業届を出していたら
どうでしょう。

 

 

上手く仕事にならなかったら
どうしたら上手くいくのか考えたり。

 

 

それにちょっとやそっとじゃ
ハンドメイドを仕事にすることを
諦めなくなります。

 

 

だって個人事業主として
ハンドメイドを仕事にしてく
覚悟があるから。

 

 

だから趣味から抜け出して
ちゃんとハンドメイドを
仕事にしていきたいのなら
開業届を出すことを勧めます。

 

 

それくらいの想いを持って
活動しなければ
ハンドメイドを仕事にしていくことは
難しいのです。

 

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。