作品の写真は綺麗に撮るべし


ハンドメイドを仕事にするために
必要な6つのスキル:その3

 

 

作品の写真は撮ってますか?

 

 

今はインスタグラムをやっている
ハンドメイド作家さんも多いので
みなさん作品の写真は
よく撮っていると思います。

 

 

インスタグラムは
きれいな写真を投稿するという
前提があるのであまりいませんが
(たまにいるけど)
ブログでは残念な写真を
よく見かけます。

 

 

その残念な例を挙げてみますね。

 

 

その①:暗い写真

暗い.JPG

 

 

これはわかりやすく
かなり暗く撮っています。
だけどこれくらい暗い写真を
載せている人もいるんですよね。

 

 

背景は白い紙です。
その白い色が
グレーになってしまうくらい
暗い写真です。

 

 

これでは作品本来の色が
わからないですよね。

 

 

 

その②:ピンとが合っていない写真 

ぴんぼけ単品.JPG

 

 

ピンとが合っていないために
ぼやけてしまってもったいないです。

 

 

せっかくの作品なんだから
しっかりとピントをあわせて
写真を撮ってあげましょう。

 

 

 

その③:作品が小さすぎる写真

 小さい作品.JPG

 

 

全体の雰囲気を伝えるのは
いいのかもしれませんが
せっかくだったら
作品を大きく撮ってあげたほうが
作品の細部まで伝わって
いいと思います。

 

 

その④:背景に模様がある写真

 

 

12BB8D15-80C1-4347-99DF-4D690FF3181E.jpg

 

せっかくの作品が柄に紛れてしまって
もったいないです。
背景はスッキリと白にした方が
いいですね。

 

 

 

番外編 

 698A4C27-16EE-47FF-A831-303660CD3015.jpg

 

 

テーブルで写真を撮っているのかな
木目調の背景の方も
いらっしゃいますよね。

 

 

これは作品のイメージによっては
ナテュラル感を演出できるので
いいかもしれませんが
光の加減でテーブル感が出てしまうので
気を付けたほうがいいですね。

 

 

写真を撮る時に
ちょっと気をつけてあげるだけで
格段に写真のイメージが
変わってきます。

 

 

一番大事なことは
あなたの作品が
素敵に写っていること。

 

 

それだけ意識して写真を撮るだけで
写真のスキルが上がっていくので
試してみてくださいね。

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。