あなたが作っているのは作品ですか?それとも商品ですか?


作品と商品の違いわかりますか?

 

 

私は趣味で楽しく作っているのが作品
お金をいただいて販売するために
作るのが商品だと思っています。

 

 

それはなぜがと言うと
実際にアパレルメーカーで
デザイナーとして働いていた時に
一番衝撃的なことだったからです。

 

 

服飾デザイン専門学校を卒業して
アパレルメーカ-に就職しました。

 

 

洋服を作ることが好きで
デザイナーになったのに
自分の好きなデザインをすることが
できませんでした。

 

 

それはアパレルメーカーが
求めているデザインではなかったから。

 

 

もっと言うと
お客様が買ってくれる
デザインではなかったからです。

 

 

企業が求めている商品を作るのが
アパレルデザイナーという仕事です。

 

 

自分の作品が作りたければ
パリコレなどに出ているような
オートクチュールのデザイナーに
なるしかないのです。

 

 

アパレルメーカ-に務めることで
作品と商品の違いを
知ることができたのは
私にとって良い経験となっています。

 

 

この作品と商品の意識の違いって
ハンドメイドを仕事にしていくために
実はとっても大事なことだと思います。

 

 

だからといって
お客様の言いなりになって
商品を作りなさい
ということではないので
勘違いしないでください。

 

 

自分が作っているものが
お金をいただいて
お客様の手に取ってもらう商品なんだ
ということを意識することが
大事なんです。

 

 

あなたが作っているのは
作品ですか?
それとも商品ですか?

 

 

一度考えてみてください。

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。