自分の時給って考えたことありますか?


時給を考えながら作品を作っている
ハンドメイド作家はいないと思います。

 

 

ハンドメイド作品の値段を決めるのに
必要な基本項目は4つ

 

  1. 材料費
  2. 材料を買いに行く交通費
    (ネット仕入れの場合は送料など)
  3. 試作材料費
  4. 自分の時給
    *デザイン考案時間
    *実際の制作時間

 

今回は4:自分の時給
*デザイン考案時間
*実際の制作時間 です。

 

 

なぜハンドメイド作家は
自分の時給について考えないのか。

 

 

それはハンドメイドを趣味から
始めている人が多いからだと思います。

 

 

楽しく作っているハンドメイドに
時給なんて存在しません。

 

 

でもそれは趣味の時の話
ハンドメイドを仕事として
やっていくのであれば
自分の時給をしっかりと
考えなければなりません。

 

 

 

働いて対価を得るのは
当たり前のことです。

 

 

ハンドメイドに限って言えば
この部分が
欠落してしまっている人が
多すぎます。

 

 

 

だから材料費だけで作品を販売しても
なんの疑問にも思わないのですよね。

 

 

東京都の最低賃金を
知っていますか?

 

 

2017年10月1日から
東京都最低賃金は
時給958円に
引き上げられました。

 

 

時給958円って
高いと思いますか?
それとも安いと思いますか?

 

 

1度自分の時給を計算してみることを
おすすめします。

 

 

 

販売している作品があれば
その価格を単純に制作時間で
割ってみてください。

 

 

 

実際は材料費や
その他の経費を差し引いた金額から
時給換算していくのですが
ここではそこまで考えなくて
大丈夫です。

 

 

 

どうですか?

 

 

 

東京との最低賃金より
高くなりましたか?
それとも安くなりましたか?

 

 

 

きっと安くなった人の方が
多いのではないでしょうか。

 

 

 

それではいくら好きなハンドメイドを
仕事にしていても続けていくことが
できなくなってしまいます。

 

 

素晴らしいハンドメイドの技術を
持っているのですから
もっと自分の作品に
自信を持ってください。

 

 

自分の技術を安売りする必要は
ありません!

 

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。