適当な値段付けは失敗のもと!ちゃんと適正価格を付けましょう

値段

 

自分の作品に値段をつけたことがありますか?

 

自分の作品を販売する時に
さけて通れないのが作品の値段付け。
コレがけっこう大変なことなんです。

 

・だいたいみんなこんな感じかな
・材料費+αでいいや

 

こんな風に適当に
値段をつけていませんか?

 

どうやって値段をつけたらいいのか
わからないから
周りの似たような作品を
参考にすると思います。

 

これがそもそもの間違いの元。
ちゃんと
値段を付けられている人が少ないからこそ
どうやって値段をつけたらいいのかが
重要になっていきます。

 

適当な値段付けは失敗のもと!

 

先ほども書きましたが
周りの作品を参考にしたり
材料費にちょっとプラスした値段にする人が
ほとんどです。

 

多くの人が適正な価格を
つけることができていません。
あなたはどうですか?
では、どうして【適正価格】を
つけることができないのでしょうか。

 

それは値段の付け方を知らないからです。

 

じゃあどうやって値段をつけたらいいの?

 

たとえばハンドメイド作品販売の場合
原価+αで適当に価格を決めてしまうと
売っても売っても利益が上がらず
作品制作の苦労ばかり
増えることとなります。

 

 

そして
他の作家さんは
だいたいこれくらいで
作品を販売しているからと
誰かの右習えで
価格をつけてしまうと
たちまち安売り合戦に
巻き込まれてしまいます。

 

 

まず、自分で作品を作る場合
材料の原価はもちろん
作るのにかかる時間
そして材料を仕入れに行く時間なども
計算に入れなければいけません。
あなたの時給
つまり人件費を計算に入れる
必要があるということです。

 

【高いと売れなくなる】のウソ

 

「値段を高くすると売れないのでは?」
という心配が出てくると思います。
では、安ければ売れるのかといえば
そうものではありませんよね。

 

ここで質問です。
『あなたが何か商品が
【欲しい!】と思うのは
ただ単にやすいからですか?』

 

違いますよね。
その商品が必要だから【欲しい】と
思ったからだと思います。

 

ではあなたの作品が必要だから
【欲しい】と
思ってもらうためには
どうしたらいいのか。

 

一番重要なことは
【ファン作り】です。

 

しっかりとした
適正価格の作品・講座でも
ファンになっていただけることが
できれば購入・お申込みして頂けます。

 

作品や講座の魅力を伝えて
高めの価格設定でも【欲しい】と
思っていただけるように
努力することがとても重要です。

 

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。