【紙が入れられないなら彫ればいんだ!】レイヤードスクラッチ誕生秘話3

スクラッチリング

わたしのオリジナル作品
レイヤードスクラッチが
どうやって生まれたのか
誕生秘話3です。

前回「彫紙アート」をもとに
試作を繰り返したことを書きました。

【試作の壁は高かった】
レイヤードスクラッチ誕生秘話 2

では、そこからどうやって
レイヤードスクラッチが生まれるのか。

ほんの些細な思いつきが
きっかけでした。

【彫紙アートなんだから彫ればいいんだ】

彫紙アートではアートナイフで
紙を切ることを【彫る】と表現します。

レジンは人工樹脂です。
尖ったもので彫ることが
できるんじゃないかと思いました。

はじめて【彫る】表現をした作品は
リングです。
洋裁で使う「目打ち」を使って
レジンを【彫り】ました

ようやく
【彫る】部分の表現できたんです。

これだけでは
まだ【彫紙アート】の表現ではない。
あとほかになにかないか。
まだまだ試作は続きます。

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。