【試作の壁は高かった】レイヤードスクラッチ誕生秘話 2 

レイヤードスクラッチ試作

わたしのオリジナル作品
レイヤードスクラッチが
どうやって生まれたのか
誕生秘話2です。

前回、もともと「彫紙アート」を
やっていたことを書きました。

【レイヤードスクラッチのはじまり】
レイヤードスクラッチ誕生秘話 1

そこからどうやって
レイヤードスクラッチが生まれたのか。

まず、紙をジュエリーレジンに
入れてみました。

紙をジュエリーレジンの底に
入れるだけなら
封じ込めることができたんです。

彫紙アートは紙が重なっているのが
特徴の1つ。
けれど紙を重ねて封じ込めることは
できなかったのです。
なぜなら紙は紫外線を通さないから。

紫外線で硬化するUVレジンを使っている
ジュエリーレジンでは
紫外線を通さない紙を
重ねて封じ込めることができないんです。

ならば、紙を散りばめてみたらどうか?
これはうまく封じ込められました。
けれどこれも彫紙アートの特徴を
表現できていません。

ここから試作の壁にぶつかりました。
どうしたら彫紙アートの特徴である
【重ねる】と【彫る】が表現できるのか?

解決の糸口は
ほんの些細な思いつきでした。

ハンドメイドママ起業作家 水谷禎子です。
世の中にはハンドメイドをしているママは多くいます。働きたいけど家族との時間も大切にしたいそんな方にハンドメイドで起業することができるということをお伝えしています。