しっかりとした適正価格を自分の作品につけていますか?【ハンドメイド大喜利・し】

価格設定

どうやって自分の作品に
適正価格をつけたらいいのか
わからない人に向けて
書いています。

 

 

ミンネやクリーマなどの
ハンドメイド販売サイトや
ハンドメイドイベントを見ると
とても安い値段で
作品の販売をしている人がいます。

 

 

イベント出店

 

 

もしかしたら
材料費しか含まれていないのかな
という値段で販売されている
作品もあります。

 

 

そもそもなんで自分の作品を
ハンドメイドサイトや
ハンドメイドイベントで
販売しているのでしょうか?

 

 

ハンドメイドを仕事にしたくて
作品の販売を始めたのだと思います。

 

 

材料

 

 

ハンドメイドを仕事にしていくのなら
ちゃんと収益を上げなければ
続けていくことができなくなります。

 

 

だからといって
ボッタクリのような
高過ぎる値段をつけましょうと
言っているわけではありませんよ。

 

 

ちゃんと
自分の作品制作に見合った
値段をつけてほしいと思います。

 

 

作品を作る時にかかる経費は
材料費だけではありませんよね。

他にも

・デザイン考案時間給

・試作費

・材料購入のための交通費

・制作にかかった時給

など目に見えにくい
経費が実はかかっています。

 

 

これらをすべて含めて
はじめて作品の適正価格を
つけることができます。

 

 

だから世の中で販売されているような
安い値段になるはずがないんです。

 

 

もちろん中にはちゃんと適正価格をつけて
販売している作品もありますよ。
ですが安い値段で販売している人の方が
圧倒的に多いと思います。

 

 

【ハンドメイドは仕事になりにくい】
という暗黙の了解があるように思います。

 

 

それはハンドメイド作家自身が
自らの首をしめているんだと思います。

 

 

 

安く値段をつけて販売していたら
仕事として成り立たなくなっていきます。

 

 

作品を作るという労働に対しての
自分自身への評価が低すぎると思います。

 

 

これじゃあ
ブラック企業も真っ青です(笑)。

 

 

あなたの販売している作品は
ちゃんと適正価格をつけることが
できていますか?

 

 

もし、自分が安い値段をつけているなと思ったら
どうやって作品を作っているのか
考えてみて下さい。

 

 

安い値段じゃ販売したくないですよね。
それだけ思いを込めて
作ってる作品なんですもの。

 

 

しっかりと自分の価値を認めてあげて
自分が作った作品には
ちゃんとした適正価格をつけてあげましょう。

 

ハンドメイド作家 水谷禎子(さちこ)です。
ハンドメイドを仕事にしていく中でブログというものがとても重要になってきます。あなたのブログを見れば、今までなにをやってきたのかどんな想いでやってきているのかどんな作品を作っているのかすべてわかってしまいます。【ハンドメイドで家族との未来を創る】をモットーにハンドメイドの楽しさやハンドメイドを仕事にしていく方法をお伝えしています。