ハンドメイドの原点に帰るとき

ハンドメイドママ

趣味ではじめたハンドメイドが、仕事となった途端に今までと違うものとして見えてしまう。

 

大好きなハンドメイドを仕事にしているのに、なんだか辛いと思ったことはありませんか?

 

「こんなはずじゃなかったのに」って少しでも思っていたとしたら、わたしの過去の体験が、あなたの役に立つかもしれません。

 

4年前のこと。わたしは趣味だったハンドメイドを仕事にし始めました。

 

ハンドメイドを仕事にできたら、たのしみながら収入を得られるかもしれない。

 

それって理想の働き方だよね、と思ったのが最初です。

 

ところが、ハンドメイドを仕事にしていくためには、作品を作る以外にもやることはいっぱいあります。

 

自分の作品を知ってもらうためにブログを書いたり、SNSをやったり。

 

ハンドメイド講座のための会場手配や資料を作ったり、それぞれにかかったお金の経理をやったり、他にもいろいろあります。

 

いつしか作品を作ること以外のことで頭が一杯になってしまって、自分の作品を作る時間をおろそかにしてしまっていたんです。

 

そして、気がつけば、大好きだったハンドメイドがたのしくなくなっていました。

 

もちろん、ハンドメイドを仕事にしていくには、たのしいだけではやっていけないことはわかっています。

 

だけど、ハンドメイドはたのしいって気持ちをおろそかにしてしまうと、なんでハンドメイドを仕事にしているのか、わからなくなってしまうなぁって思ったんです。

 

そもそも,なんでハンドメイドを仕事にしたいと思ったのかというと、わたしはハンドメイドが大好きだから。

 

ハンドメイドって、作品を作ってたのしいって気持ちを、忘れたらいけないんですよね。

 

そんな当たり前のことに気がつかないなんて、当時のわたしはどうかしていたとしか思えません。

 

当時はそれだけ、目の前のことしか見えていなかったんです。

 

たのしいって気持ちは作る作品にも表れてくると思うんですよね。

 

素敵な作品を生み出すためにも、まずは自分がたのしんで作品を作っていくことが、大事なんじゃないかと思ったんです。

 

わたしは作品を作ることがたのしいから、ハンドメイドをずっと続けています。

 

 

自分がたのしみながら仕事をすることが出来れば、毎日がたのしくなると思いませんか?

 

最初は売上がうまく上がらなくて、イライラしたり焦ったりしてしまうかもしれないけれど、そんなときこそ、なんでハンドメイドを仕事にしたいのか、なんでハンドメイドを続けているのか、思い出してみてください。

 

忙しさで見えなくなっていた大事なことが、きっと見えてくるはずです。

 

ハンドメイドはたのしいんだという気持ちを思い出すことで、今感じている仕事の辛さが和らいでいくかもしれません。

 

肩の力を抜いて、自分の中にある想いを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

ハンドメイドの原点に帰る時。

 

それはあなたがあなたらしさを取り戻すタイミングだと、わたしは思います。

 

ハンドメイド作家 水谷禎子(さちこ)です。
ハンドメイドを仕事にしていく中でブログというものがとても重要になってきます。あなたのブログを見れば、今までなにをやってきたのかどんな想いでやってきているのかどんな作品を作っているのかすべてわかってしまいます。【ハンドメイドで家族との未来を創る】をモットーにハンドメイドの楽しさやハンドメイドを仕事にしていく方法をお伝えしています。