【2018私の針仕事展】にみるハンドメイド愛

2018私の針仕事展

池袋西武で開催されている【2018私の針仕事展】に行ってきました。

 

様々な「針仕事」を紹介する【2018私の針仕事展】、今回で開催15回目を迎えるイベントです。

 

行ったことある人いるかな?

実はわたし、今回が初めてだったんです。

【私の針仕事展】というのがあることは知っていたんですが、今まで実際に足を運ぼうとは思わなかったんです。

というのも、この展示会はパッチワークキルトのイメージが強かったから。

 

実はわたし、パッチワークキルトは自分の中で禁断のハンドメイドとしているんです。

 

カラフルな布をつなぎ合わせるパッチワークキルト。針仕事が好きで、布も大好きなわたしが、はまらないわけがありません。

もし、パッチワークキルトに手を出すとしたら、それはもっと年をとってからかな。

そうしたら、日がな一日パッチワークキルトを存分に楽しんでいることでしょう。

だから禁断のハンドメイドなんです。

 

ちょっと話がそれましたね。

 

じゃあなんで今回行ったのかというと、わたしが今、技術を習得しているオフフープ®立体刺繍の先生の作品が展示されているから。

 

先生の作品を間近で見るいい機会なので、行ってきました。

 

もう、美しいの一言につきます。

写真を撮ってもいい展示会だったので、パシャパシャ撮ってきました。

オフフープ®立体刺繍作家
PieniSieni(ピエニシエニ)さんの作品

 

オフフープ立体刺繍

 

オフフープ立体刺繍

 

 

この花全部、刺繍でできてるんですよ。

まさに針仕事!

 

 

他にもつまみ細工や刺繍、洋服などいろんな針仕事の展示がありました。

だけど全体の半分くらいはぱっとワークキルトの展示でした。

その中でも目を引いたのがこちら

パットワークキルト

 

シャチが悠然と泳いでいる姿を表現している作品。

とても大きな作品で、存在感がものすごくある作品でした。

 

作品もさることながら、来場していた人の数!

会場では、なかなか前に進めないくらいの人の多さでした。

すごく人が多いなぁと思って作品を見ていたんだけど、会場出てすぐの材料販売のブースがもっとすごかった。

 

すばらしい作品を見て触発されたのか、みなさん欲しい商品片手にあれでもないこれでもないと、とてもにぎやかでした。

もしかしたら展示会場と同じくらいのスペースがあったのかな。

日替わりでワークショップがあったり、この会場に訪れている人たちのハンドメイド愛がビシビシと感じるような、お祭り騒ぎのようなにぎやかさでした。

 

わたしが思ったのは、まだまだハンドメイドも捨てたもんじゃないなということ。

いっときのハンドメイドブームで、色んな人がネットで作品を販売したりしていたけれど、流行りに乗ってハンドメイドをはじめた人は影を潜めて、本当にハンドメイドが好きな人だけが残っているような気がします。

 

だから、こういう展示会に行くと、ハンドメイド愛を感じることができるんだろうな。

きっと本当にハンドメイドが好きな人しか、わざわざ展示会に足を運ばないしね。

 

【2018私の針仕事展】は2018年9月6日(木)まで開催されています。

もし、興味のある方は展示会の概要を載せておくので、行ってみてくださいね。

 

【開催概要】
「2018 私の針仕事展」
開催期間:2018年8月29日(水)〜9月6日(木)
会場:西武池袋本店 7階=催事場
時間:10:00〜21:00
※9月2日(日)は20:00まで。最終日の9月6日(木)は16:00閉場。
入場料:大人 700円/大・高生 500円/中学生以下無料

 

ハンドメイド作家 水谷禎子(さちこ)です。
ハンドメイドを仕事にしていく中でブログというものがとても重要になってきます。あなたのブログを見れば、今までなにをやってきたのかどんな想いでやってきているのかどんな作品を作っているのかすべてわかってしまいます。【ハンドメイドで家族との未来を創る】をモットーにハンドメイドの楽しさやハンドメイドを仕事にしていく方法をお伝えしています。